初心者がLancers(ランサーズ)で1ヵ月間webライターを副業にしたらどれくらい稼げるのかを検証!

今回は、副業としても人気のwebライターのお仕事を初心者が1か月間やってみたら、実際にどれくらい稼げるのかを検証してみました。

ランサーズで仕事を受けるまでの流れや案件選びのコツも一緒に紹介していきますので、副業としてwebライターを考えている方は参考にしてみてくださいね。

前提としては、フルタイムで働いている状態で帰宅後や休日に時間を使ってやってみた結果になります。

ランサーズの仕組みと提案~納品までの流れ

まずは、ランサーズで仕事をして報酬を貰うまでの流れをお伝えしていきます。

1.会員登録

ランサーズで仕事をするには、最初に会員登録が必要です。

登録フォームに情報を入力するだけですので、敷居は高くありませんね。

登録した後は、マイページでプロフィールを充実させるのがポイントです。

≫≫公式HP:「ランサーズ」無料会員登録

2.案件を選ぶ

webライターのお仕事は「ライティング」の項目にあります。

そこにリストアップされている案件から、報酬額や仕事の内容を見ながら応募したい案件を選びましょう。

3.仕事に応募する

ランサーズでは、応募することを「提案する」と言います。

チャレンジしたい仕事を見つけたら、「私!その仕事やりたいです!」とクライアントに提案して売り込みましょう。

もちろん、良い条件の仕事は他のwebライターとの取り合いです。

数十人まとめて雇ってくれる案件もありますが、そのような案件は基本的に単価がめちゃくちゃ安いのでおすすめしません。

後述しますが、初めのうちほど仕事はしっかりと選ぶようにしてくださいね。

4.仕事をする

提案が通れば、「あなたにお願いしたい」とクライアント側から連絡が来ますので、実際にお仕事を開始します。

詳しいやり取りに関しては、ランサーズ内のメッセージでも出来ますが、チャットワークを使って行うのが一般的です。

実際にランサーズで仕事をした時に使ったものがこちら。

  • Word
  • Googleドキュメント
  • チャットワーク

この3つはwebライターをするうえで必須とも言える三種の神器です。

中にはZOOMなどでweb会議をしながら案件を進めるものもありますが、そのような案件は高単価のものが多いので、初めの内は気にしなくても大丈夫でしょう。

ただ、完成した記事の納品方法はクライアントによって変わるので、WordとGoogleドキュメントは使えるようにしておいた方が何かと便利です。

5.納品

仕事を終えたらクライアントに提出し、修正等が無ければそこで納品完了して終了です。

納品が完了してクライアント側も了承すると報酬が支払われます。

報酬に関しては、そのまま直接あなたの口座に入るわけではありません。

一旦、ランサーズを通して振り込み依頼をする必要がありますが、そのまま報酬をストックさせてまとめて口座に入金してもらうことも出来ます。

ちょっとしたへそくり的な感覚で、報酬を貯められるのは嬉しいところです。

6.仕事完了後

納品が完了したら、お互いの評価を付けて終了です。

この評価は他のクライアントも見れるので、適当な仕事をして低評価を付けられてしまうとその後の仕事に大きく影響します。

ただ、相手もそれをわかっていますので、余程のことをしない限り星4~5の評価を付けてくれるのでそこまで不安にならないでくださいね。

始めは提案しても選んでもらえない

ランサーズに登録して仕事をしようとしても、初めのうちは中々選んでもらえません。

私はランサーズに登録して、すぐに5、6件ほどの案件にまとめて提案しましたが見事に全滅しました。

その内の1件は本業と関係する内容だったので自信もあったのですが、そこも落とされたのは中々ショックでしたね…。

今思えば当たり前のことなんですが、クライアントは報酬を払ってあなたにライティングを依頼します。

そんなとき、実績が全くない人と1件でも評価をされている人だったら、実績がある人を選びますよね。

プロフィール写真がアニメアイコンだったり、名前がふざけたハンドルネームだったりしたら、お金を払って仕事をお願いしようとするでしょうか?

私だったら絶対に依頼しません。

仕事の提案をする前に、少しでも信用してもらうために出来ることがあります。

実際に私が最初の1件を獲得するまでにした3つのことをお伝えしますので、まずはこちらを実践してみてくださいね。

提案をする前にやるべきこと

最低でもここでお伝えしている3つのことをクリアしないと、仕事を受注するのはかなり難しいです。

なにが必要なのかを一つずつ確認してきましょう。

1.プロフィール写真

名前に関しては、よほどふざけた名前でなければ、偽名でもなんでも良いです。

実際、私はひらがな4文字のハンドルネームみたいな名前で仕事していました。

ただ、その名前で相手から呼ばれるのが少し恥ずかったので、偽名でもいいから使えばよかったと後悔したので、そうはならないようにしましょう。

プロフィール写真は、あなた自身の顔写真を載せるのが一番です。

たったそれだけで、一気に信用度が上がります。

顔写真を載せるのに抵抗がある人は、後ろ姿や横顔、下を向いている写真でもOK。

私は雰囲気だけでもわかるような写真にしたので、顔は写っていますが私を知っている人でも気づかないような写真を選びました。

あとは飼っているペットの写真などでもいいとは思いますが、出来るだけ顔写真や雰囲気のわかる写真が望ましいです。

2.プロフィールの充実

仕事に提案をする前に、プロフィールは全て埋めて「本人確認」「機密保持確認」「電話認証」「ランサーズチェック」の4つは終わらせましょう。

難しそうに感じますが、いずれもチェックボックスにチェックしていくだけなので、すぐに終わりますよ。

プロフィールには、今までどんな仕事や経験をしてきたのかを詳細に書きました。

提案した先のクライアントはあなたのプロフィールを読んで依頼するかを決めることもあるので、内容を充実させておいて損はありません。

また、ブログを運営している場合はそのブログが実績になります。

どんなジャンルのブログをしているのかもしっかり記載しておくだけで、かなり有利になりますよ。

3.タスク案件で実績作り

ここまで来たら、あとは実績を作るだけです。

実績作りに最適なのが「タスク案件」と呼ばれるものになります。

1件で数十円レベルの超簡単な仕事…というかアンケートレベルの内容なので、これを2、3件くらいやってみてください。

仕事としては割に合わないので、最初だけで後はタスク案件をする必要はありません。

実績を作るためだと割り切りましょう。

ランサーズのランク制度

ランサーズには、ランク制度というものがあります。

上記の流れで進めて行くと、ブロンズランサーまで来ているはずです。

ここまで来てようやく、他のwebライターと肩を並べられる段階になります。

webライターの仕事は、ランサーズの他にも「クラウドワークス」「Bizseek」でも受けることができますが、このランク制度がやる気にさせてくれると思い、私はランサーズをメインにしました。

クラウドワークスとBizseekにも登録はしていますが、クラウドワークスは報酬が安すぎるのと、クライアントのふりをして勧誘してくる業者が多すぎて嫌になったので使っていません。

Bizseekの方はまだ割と新しいクラウドサービスなので、この2つと比べて競争率が低いので仕事は受注しやすかったです。

文字起こしなどライター以外の在宅ワークも充実しているので、ランサーズと一緒に登録して自分に合う方を選んでみてもいいと思います。

案件がランサーズやクラウドワークスと比べると少ないですが、量より質を求めるのであればBizseekもおすすめです。

 

≫≫公式HP:https://www.bizseek.jp/

 

案件選びのコツと提案するときの注意点

webライターの仕事は、案件の内容や報酬を考えなければいくらでも仕事があります。

試しにランサーズで「ライティングの仕事」で検索してみると、これだけの件数が出てきました。

※2021年4月の検索結果

この中から仕事を選ぶことになりますが、1つ問題が出てきます。

それは、webライターの報酬があまりにも安すぎるということです。

クライアント側はできるだけ安く記事を買い叩こうとしてきます。

さらに、中には甘い言葉で誘惑して怪しいサークルやセミナーに登録させようとしてくるのも紛れているので注意してください。

クラウドワークスと比べると少ない方ですが、それでも全くいないわけでは無いので、気を付けるに越したことはありません。

また、初心者であっても仕事を選ぶ上で絶対に譲ってはいけない条件がこちら。

  • 文字単価が0.5円以下の案件には応募しない。
  • 格安のテストライティング案件に要注意。

なかには、「超格安の案件だけど、ライティングスキルを学べるよ!」なんてのもありますが、先に言っておきます。

それは罠だ!!!!!

単純に記事を安く手に入れようとしているだけなので、騙されないでくださいね。

それと同じように1文字0.5円にも満たない記事を、誰かのために書くなんて無駄です。

安い案件なら初心者でも受かるかもしれないと考えて応募しがちですが、相手もその心理を狙っています。

そんなに安い報酬で記事を書くくらいなら、自分のブログでその記事を書きましょう。

1文字0.3円なんてのが当たり前のように溢れてますが、1,000文字書いても300円ですよ?

5,000文字書いて、ようやく1,500円です。

そのために必死に自分の時間を使って頑張れますか?

私は絶対に無理です。

また、報酬が安いところに限って画像選定や修正などで多くの要求してきたりと、クライアント側の質も悪いことが多い」というのが私の経験から得られた答えになります。

私と同じ失敗をしないためにも、初心者だからなんて気持ちは捨てて仕事は妥協せずに選びましょう。

最低でも0.5円~1円の案件に絞って探すようにしてください。

また、webライティングの仕事には「テストライティング」という言葉がよく出てきます。

要するに「何記事かお試しで書いて貰って良い出来だったら、高単価で継続してお願いするね!その代わりテストだから超格安でお願いね!」というものです。

実力もわからないwebライターにお願いするので、クライアント側の気持ちがわからないでもないですが、どんなに良い出来だろうが継続してくれる保証なんてありませんよ?

むしろ「高単価で継続案件」という餌をぶらさげて、良い記事を格安で手に入れようとしているだけなんですよ。

もちろん、ちゃんと継続してくれるクライアントもいますので、一概には言えません。

しかし、ちゃんとしているクライアントであればテストライティングであってもしっかりと報酬を支払ってくれます。

ボランティアでwebライターをしているわけではないので、初めてだろうが仕事をした分の正当な報酬を貰う。

これは当たり前のことですよね。

ではいったいどうやって案件を絞るのかというと、たった1つの条件を入れて検索するだけです。

その条件とは、文字単価1円以上!!

たったこれだけで、一気に案件を絞ることが可能になります。

※2021年4月の検索結果

この条件で検索しただけで、一気にここまで件数が減りました。

このくらいの件数であれば探しやすいので、あとはあなたが書きたい案件を探してひたすら提案していくだけです。

ちなみに、初めの内はどんどん提案しまくりでOK。

私の体感としては、10件応募して2、3件選ばれたら上手くいったなと思うくらいの感覚です。

たくさん応募して、全部受かったらどうしよう!なんて心配は受かってから考えましょう。

実際に1か月で稼げた金額

ここまで、ランサーズの流れや案件選びのコツを紹介してきましたが、実際に1か月でどれくらい稼げたのか気になりますよね。

こちらが実際にランサーズで1か月間、webライターの仕事を副業でやってみた結果です。

結果は、1ヵ月で32,687円!!

副業でもそんなに稼げるの?と思う人もいれば、そんなもんか…と思う人もいるでしょう。

ちなみに提案は33件で、作業数は10件です。

また、ありがたいことに評価や返信率が高かったので、1か月でブロンズランサーからシルバーランサーにも昇格することができました。

ちなみに書いてきたジャンルは特に固定していません。

美容系からゲーム、SEOなどの知識から商品レビューまでなんでも書きました。

とりあえずやってみようの精神で書いていたので、興味も知識も無い案件はかなり苦痛でしたね…。

ただ、この中からランサーズを通さずに企業と個人の契約で記事を書いて欲しいという依頼があったので、それを了承してからはランサーズを使っていません。

個人間の契約だとランサーズを通さないので、手数料も掛からない上に報酬の交渉もできるので最終的にはどれだけ個人契約を取れるかが勝負ですね。

まとめ

今回は、初心者が1か月ランサーズでwebライターの仕事をしてみるといくら稼げるのかを検証してみました。

慣れてきて、お得意様のクライアントができると一気に仕事はしやすくなります。

また、修正依頼で言い回しや表現方法、文法も指摘してくれくるのでライティングの勉強にもなり、間違いなくスキルアップできるでしょう。

実際に1ヵ月やってみた感想としては、短期間で少しでも副業で稼ぎたい!という方にはおすすめです。

しかし、長期的に自分のペースで稼げる副業を考えるのであればおすすめできません。

安い報酬で記事をずっと書き続けるよりも、自分でブログを立ち上げて記事を書いた方がいいでしょう。

ブログだけだとすぐに結果が出ないから、記事を書いて報酬を貰えるライターの仕事と一緒に並行してみたいという方にも良いかもしれませんね。

もちろん、中には副業でもwebライターで10万以上稼いでる猛者もいますので、どれくらい本気でやるかによっても変わってくると思います。

1つの例として参考にしてもらえればと思いますので、興味のある方はwebライターにチャレンジしてみてくだい。

ランサーズ公式HP: https://www.lancers.jp/   

 

クラウドソーシング「ランサーズ」

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!