【デッドライジング4】ヴィックを追ってモールの中を走り回る【攻略プレイ日記3】

ZDC取締役のブラッドに協力を要請され、アウトブレイクが再発生したウィラメッテへ向かうことに。

しかし、そこでは謎の軍隊が駐在していて、乗っていたヘリコプターを撃墜され『ウィラメッテメモリアルメガプレックス』に不時着してしまう。

ホテルまでたどり着いたが兵士やゾンビに襲撃されるも、何とか倒して制御室へと向かうのだった。

前回のプレイ日記はこちら
関連記事

前回のデッドライジング4のおさらい 教え子のヴィックに騙されてヤバそうな人体実験場に連れて行かれ、さらには置いてきぼりにされてしまったフランク。 無事に解放されたものの、その実験場で目にしたものを公にしようとするが、闇に葬られてしま[…]

デッドライジング4

ヴィックを追って

ブラッドが制御室の鍵を開けて入ると、そこには自ら命を落とした男の姿が…。

どうやら、ショットガンで自らの頭を吹き飛ばしてしまったらしい。

確かにそこらじゅうゾンビだらけになったら、自殺したくなる人もいるだろう。

手を合わせつつ、制御室を見て回ると色々と楽しそうなものが。

入口のドア近くに、帽子と服があるので着替えてみる。

うーん…。

なんか、おっさん感が増した気がする…。

さらに金庫もあるので、開けようとするもキーロックが掛かっていて開かない。

そんな時は、カメラの『スペクトラムアナライザー』機能を使って指紋を検出してキーロックを解除!

このカメラ、指紋検出も出来るし暗視スコープ代わりにもなるしで万能すぎる。

ただ、金庫の中身はハンドガンが一丁あるだけなので、わざわざ開けなくてもいいかも。

もう少し良いモノが入ってるかと期待したのに…。

スポンサーリンク

モールの警備センターを探せ

巨大モールの中にある警備センターへ向かえと言われるので、制御室を抜けてモール内へ。

どうやらヴィックは、その警備センターに居るらしい。

モールまで辿り着く途中の部屋には『ダサいウインターセーター』があります。

 

早速コスチュームチェンジ!

 

確かにダセェ…。

完全に休日のお父さんって感じになってしまった。

眼鏡はさきほどの制御室にあったものを拝借。

道なりに進んで行くと、家具店『El Mode Design』の裏口に出ます。

ここまで来ると、一気にマップも広がりますね。

まさに巨大ショッピングモールって感じ。

ゴーカートレースのエンカウントミッション

家具店を出ると、目の前にはゴーカートレンタル&レース場「Miami Boardwalk Raceway」が。

近付くとゴーカートレースのエンカウントミッションが発生。

制限時間内にゴーカートに乗ってコースを2周すればクリア!

コース内にゾンビが入って来るけど、気にせず轢いて行こう。

時間的にも余裕はあるので、簡単にクリアできます。

コンボ車両『キル・オ・ワット』の設計図

クリアすると、報酬として5000PPとコンボ車両の設計図『キル・オ・ワット』がレース場中央部にあるエリアに出現。

キル・オ・ワットは『ゴーカート+ショッピングカート』の組み合わせて作れるコンボ車両。

早速作ってくれと言わんばかりに、目の前に2つとも置いてあるので作ってみることに。

ジャジャーン!!!

なんかダサいぞ…。

コンボ車両には、専用の武器が搭載されているので、実際に乗ったら楽しいかもしれない。

ってことで早速試し乗りしてみる。

電撃で近づくゾンビを感電させながら進んで行くのが超楽しい!!!

しかも、投擲武器で目の前から迫って来るゾンビ相手にも攻撃可能!!

コンボ車両強い…。

大きさも小さくて小回りが利くしで、モール内を移動するにはめっちゃ快適。

次のエリアに行く前に、記念の一枚。

警備センターまでの道のり

日本でもよく見るようなショッピングモールの光景。

二階建てで、行こうと思えば行けるけどとりあえず先に進むことに。

おっ!人間おるやん!

おーい!!生きてるかー!!

近付こうとしたら、狂ってるのか何なのか、いきなり銃を向けて撃ってきたので応戦。

ゾンビじゃない人間でも、襲い掛かって来るヤツもいるらしい。

少し進むと人間が人間を処刑してるシーンとかもあり、普通に正常な頭を持ってる人間の方が少ない世界らしい。

少し開けた場所に出たー!と思ったら、

ゾンビ!

ゾンビ!!

ゾンビ!!!

どこを見てもゾンビなので、とりあえず見なかったことにして目的地へ…。

こんなん相手にしてたら、間違いなく喰われる。

警備センターに到着

警備センターに到着すると、避難用シェルターになっていたらしいがゾンビに占拠されてるので全滅させると、隠れていた避難民が出てきてくれる。

どうやら、武器やアイテムなど色々と売ってくれるらしい。

そして、ヴィックが隠れ家として使っていたと思われる部屋を発見!

調査パートに入るので、部屋の中に手がかりが残されていないか、カメラを使用して探していく。

撮影する順番は、最初にマネキンに貼られたフランクの写真。

次に壁に掛けてあるカレンダー。

壁に掛けられているホワイトボードは、スペクトラムアナライザーで撮影すると、文字が浮かび上がってくる。

そしたら、椅子の横にあるファイルキャビネットの上に置かれたメモ帳をスペクトラムアナライザーで撮影すると、パソコンの解除パスワードが入手できるように。

手に入れたパスワードでパソコンを起動すると、ヴィックが残していたアウトブレイクに関する情報がゲットできる。

どうやら、このアウトブレイクはモールの正面玄関エントランスから発生したらしい。

そこでフランクは、アウトブレイクの追跡調査を行うことに。

アウトブレイクの追跡調査

警備センターは駐車場に繋がっているらしく、扉を開けるとゾンビが…。

そこを通らないとモールの正面玄関には行けないらしいので、ゾンビと戯れながら進んで行く。

敵に向かっていく爆弾的なものを手に入れたので、試しに使ってみると中々の爆発力。

駐車場にも生存者が助けを求めているので、とりあえず助けてあげる。

どうやら、トラックの上に逃げたものの囲まれてしまったらしい。

助け出してあげると、火炎放射銃のような物が貰えたけど、三発しか弾が入ってなかったので早々に使ってしまった。

見た目はちょっとカッコイイけど、三発はさすがに少なすぎるよ。

助けを求めている生存者は、勝手に避難シェルターまで走って逃げていくだけでなく、助ければ助けるほど避難シェルターのレベルも上がっていく。

シェルターで買えるアイテムのラインナップとかが変わるのかな。

そこまで気にしなくても、見かけたら助けるくらいでも十分上がっていく。

地下駐車場を抜けると、再びショッピングモールエリアへ。

新しいお店がたくさんあるけど、とりあえず進行マーカー目指して進む。

乗り心地の良さそうな子供用の電動カーで、モール内を爆走する52歳のおじさん。

そんなヤバいおじさんにでも助けを求める生存者。

藁にもすがる思いとは、まさにこのこと。

さらに、ヴィンテージショップで『パニックルーム』なるものを発見。

ヴィンテージショップの場所はこちら。

このヴィンテージショップの奥のタンスに向かって『スペクトラムアナライザー』を使うと、何やら怪しい手形を発見することが出来る。

 

スキャンすると、タンスが動かせるようになり、隠し扉が出現!

 

 

パニックルームの扉を開けると、アイテムの宝庫!!

 

ロケットランチャーやバルログの鉤爪、アサルトライフルに回復アイテムまで盛りだくさん。

さらに、こんな武器まで…。

口から強酸を吐き出す武器ですが、使い勝手は微妙…w

見た目的には好きだけど、使いにくかったので強酸を吐き出しまくって終了。

炎や雷系の武器と違って、酸はエフェクトが地味なのが残念。

もうちょっと、敵がドロドロに溶けるとか、そんな効果があればもっと使うのに。

そんなこんなで正面玄関に向かっていくと、なにやらシャッターを下ろして不穏な気配のする集団が…。

どうやら話を聞くと、ここは『サンドラ女王』が統治する場所らしい。

アウトブレイクで完全に狂ってやがる…。

デッドライジング4がどんなゲームか気になる方はこちら
関連記事

デッドライジング4スペシャルエディションは、2017年12月7日に発売されています。 街中にゾンビが溢れたらどうしよう! そんなよくある妄想をゲーム化しちゃったのが、デッドライジングシリーズです。 初代デッドライジングは巨[…]

デッドライジング4

デッドライジング4はAmazonで購入可能

当ブログでプレイ日記を書いている『デッドライジング4スペシャルエディション』は、Amazonで購入可能!

デッドライジング4スペシャルエディション

デッドライジングシリーズはこちら

デッドライジングは1~3のナンバリングタイトルの他に、『オフ・ザ・レコード』という外伝的なゲームが販売されています。

初代デッドライジング

シリーズ最初のデッドライジング。

ゾンビハンターフランク伝説の始まりでもある、ウィラメッテモールでの事件を体験したい方はこちら。

初代デッドライジング

 

デッドライジング2

デッドライジング2は、主人公がフランクとは別の人物になっています。

ゲーム性としては、コンボ武器の登場など新たな要素が盛りだくさん!

しかし、一定時間毎に『ZOMBREX』と呼ばれるアイテムを娘に投与するため、セーフティーハウスに戻らなければいけないシステムが不評でもある。

デッドライジング2

 

デッドライジング3

シリーズの中でも最高傑作と名高いデッドライジング3。

しかし、対応機種がXboxOneのみという事で、デッドラファンでも実際にプレイした人は少ない模様。

私はどうしても、デッドライジング3をプレイしたかったので、このソフトのためだけにXboxOneを中古で購入しましたが、全く後悔していません!

それほど爽快でめちゃくちゃ面白いゾンビライフを送る事が出来ました。

当時と比べると、XboxOneもかなり安くなっていますので、未プレイの方はぜひデッドライジング3もプレイしてみてください!

デッドライジング3

\生産終了のため急がないと販売終了の可能性も!/
XboxOne

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!