赤ちゃんのミルクを作るのに最適なウォーターサーバーを選ぶ基準は?失敗しないための注意点

出来るだけ安全でキレイな水でミルクを作ってあげたいという理由から、出産をきっかけにウォーターサーバーを導入するお家が年々増加しています。

ウォーターサーバーを導入した理由を聞いてみると、

  • できるだけ安全な水でミルクを作ってあげたい。
  • 水道水だと衛生面で不安。
  • 時間短縮のために利用してしている。

このような意見が多く、ウォーターサーバーの導入を検討している方も多いのではないでしょうか。

この記事では、赤ちゃんのミルクを作るのに最適なウォーターサーバーを選ぶ基準と、失敗しないための注意点を紹介しています。

ウォーターサーバーを導入しようと考えているけど、「たくさんあってどれを選んでいいかわからない」とお悩みの方は、こちらの基準を参考にしてみてください。

赤ちゃんのためのウォーターサーバーを選ぶ基準

ウォーターサーバーがあるだけで、お湯を沸かすことなく、すぐにミルクを作ることができます。

特に新生児の頃は3時間おきにミルクが必要になるので、パパやママの強い味方になってくれるのは間違いありません。

こちらでは、

  1. ウォーターサーバーにかかる費用
  2. ミルクに適した温度のお湯が出るか
  3. 衛生面で気を付けること
  4. 設置スペースの確保
  5. チャイルドロックの有無

これら5つのポイントからウォーターサーバーを選ぶ基準をお伝えしていきたいと思います。

1.ウォーターサーバーの費用

ウォータサーバーの水の値段は、平均すると500㎖あたり70円前後が一般的です。

コンビニやスーパーでお水を買うよりも安く済む場合が多いのも、人気の理由になっています。

ただ、水の料金だけでなく、電気代やメンテナンス費用、サーバー本体のレンタル料などの諸経費が掛かる場合もあるので注意が必要です。

ウォータサーバーによっては24時間電力を消費するものから、省エネ機能があるものまで種類によっても違ってきます。

特に大型のウォーターサーバーだと消費電力もそれだけ大きくなるので、水の値段が安いと思って契約しても、メンテナンス費用や電気代で思わぬ出費になることも…。

赤ちゃんとを含めた3人家族の平均的なウォーターサーバーの利用額は、4,000円前後が一般的です。

水の値段だけではなく、レンタル料やメンテナンス費用も合わせてチェックするようにしましょう。

2.ミルクに最適なお湯の温度

赤ちゃんのミルクを作るの目的でウォータサーバーを導入するのであれば、70℃以上のお湯が出るかを確認してください。

70℃以上のお湯で溶かさないと、粉ミルクの中に細菌が含まれていた場合に殺菌できなくなってしまいます。

かといって、90℃以上の熱すぎるお湯だと冷ますのも一苦労です。

70℃~80℃くらいの温度をタンクの中でキープできるウォーターサーバーを選ぶのが重要になってきます。

3.ウォーターサーバーの衛生面

大切な赤ちゃんが口にするものですので、衛生面は特に重要です。

見た目は綺麗でも、貯水タンクや蛇口部分に汚れが溜まってしまっては、せっかくウォーターサーバーを導入しても安心して赤ちゃんに安全なミルクを飲ませてあげることが出来なくなります。

契約した業者に来てもらってメンテナンスや定期清掃をしてもらう場合もありますが、気づいたときに自分達でも簡単にお手入れができるウォーターサーバーだとより安心して使い続けることができるでしょう。

4.スペースの確保

赤ちゃんが生まれると、ベビーベッドや遊ぶための場所を確保する必要があるので、今まで以上にお部屋のスペースを確保するのが大変になってしまいます。

床に置くタイプのウォーターサーバーだと、どうしても部屋の一角を確保しないといけないので、さらに場所を取ってしまうのが難点です。

ウォーターサーバーを導入する際には、お部屋のどこに置くのかも検討して、サイズを測ってから導入すると失敗せずに済みます。

大きいものだと圧迫感もあるので、まずは赤ちゃんの必要なものを揃えたあとで、お部屋のどこに置くかを考えましょう。

5.チャイルドロックの有無

まだ赤ちゃんが小さいうちは問題ありませんが、成長して大きくなりつかまり立ちができる様になったときに注意が必要です。

倒れないようにする工夫も必要ですが、間違ってお湯を出してヤケドしないよう、チャイルドロックが付いているものを選ぶようにすると安心ですね。

ミルクだけでなく、離乳食などにも使えるので、将来的に赤ちゃんが大きくなっても危なくないものを選ぶようにしましょう。

 

失敗しないため注意点

導入までの期間

ウォーターサーバーは、早いものだと数日で設置されますが、業者や住んでいる地域によっては数週間かかる場合もあります。

出産ギリギリになってから頼むのではなく、できるだけ余裕を持って導入するほうが安心です。

また、ウォーターサーバーそのものに重量がありますので、業者の人が設置まで対応してくれるかどうかも合わせて確認しておきましょう。

メンテナンスの有無

メンテナンス費用は、年間で1,000円程度から高いところだと5,000円近くかかる場合もあります。

高いところだと、定期的にサーバー本体をキレイなものと交換してくれたり、定期的に清掃してくれたりするなどサポート体制が充実している業者が多いです。

逆にメンテナンス料金が無料の業者だと、自分自身でサーバーのお手入れをしないといけない場合が多く、しっかりとお手入れしないとノズル部分に水垢が溜まってしまい衛生的にも良くありません。

ウォーターサーバーの清掃が面倒だなと感じる場合には、年間で数千円を払ってでもサポートが充実している業者の方がいいでしょう。

サポート体制も確認しながら、どちらの方があなたに合っているかをしっかりと検討してウォーターサーバーを導入するのがおすすめです。

赤ちゃんのためのウォーターサーバーのおすすめは?

ここまで、赤ちゃんのミルクを作るのに最適なウォーターサーバーを選ぶ基準と、失敗しないための注意点を紹介してきました。

  • 費用はできるだけ抑えたい。
  • ミルクに最適な温度を保てる。
  • お手入れが簡単。
  • スペースを確保する必要がない。
  • チャイルドロックがある。

この条件に合った赤ちゃんのミルクを作るのにピッタリなウォーターサーバーがこちら。

 

  • 月額3,300円で使い放題のサブスク型サービス
  • 「HOT ECO機能」で70℃~75℃の温度をキープ
  • お手入れも簡単で衛生的
  • コンパクトで卓上設置も可能
  • チャイルドロック搭載

サブスクリプション型のサービスなので、月額費用は3,300円のみ。

初期費用やメンテナンス費も掛からないので、とってもお得なウォーターサーバーです。

16種類の物質を除去してくれる浄水フィルターと、殺菌効果のある光で衛生面もバッチリ!

詳しくは公式サイトで確認してみてください。

 

また、エブリィフレシャス・ミニの評判が気になる方は、こちらの記事も合わせて読まれています。

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!